公認会計士になる為の勉強法を知る|夢に近づく努力

このエントリーをはてなブックマークに追加

授業の流れ

レディ

通信コースのある専門学校での授業の流れは一般的に最初に習熟度をチェックし、カリキュラムを定め自宅で勉強する流れになります。指定数の単位を取得できれば指定期間内で卒業することも出来ます。

もっと読む

なぜ人気があるのですか

勉強

日商簿記1級は非常に人気のある資格ですが、独学では困難なことも予想されます。ただ勉強していれば必ず合格できる試験なので、諦めずに挑戦することが大切です。簿記検定の最高峰の日商簿記1級は社会的にとても価値ある資格です。

もっと読む

簿記の勉強法

先生

今後、簿記の勉強法として通信講座を活用する人が増える可能性があります。また、簿記2級以上となると難易度が高めになってきます。通信講座は、講座会社が工夫をしていますので、きちんと受講すれば合格率が上がるようになっています。

もっと読む

奨学金の活用

本

公認会計士について学びたいと思った時にまず考えたいのが専門的な授業を受けることが出来る学校です。大学や専門学校、短期大学などその種類は沢山ありますが、一定期間通い勉強すれば専門的な知識を身につけることが出来ます。既に学生ではなく就職をしているという場合でもしっかりと公認会計士の勉強をすることは可能です。例えば通信コースのある専門学校等があるでしょう。通信学校と着いたことがある方も居るでしょうが、通信学校の良いところを専門学校に取り入れたのが通信コースのある専門学校の魅力です。通信コースでは就職していて中々授業に出ることが出来ないという方を対象に専門的なカリキュラムで公認会計士になるための授業や勉強を行っています。例えばインターネットを使用した授業や、収録された授業を見ることで実際の授業に出なくとも時間をズラして授業を行うことが出来るようになります。こういった通信コースのある専門学校では奨学金制度が豊富に揃っているという特徴があります。その理由としてアルバイトなど収入が少ない場合でも働きながら学ぶことが出来るように配慮しているからで、そもそも学費も少ない特徴があります。奨学金も幾つか種類があり、国が行っているタイプもあれば地方団体で行っているタイプ、また専門学校側が提供する奨学金もあります。例え学費を支払うことが出来ない経済状況でも、これら奨学金を活用することで無理ない出費で公認会計士について勉強することが出来るようになります。奨学金の種類によっては返済が不要という場合もあります。例えば優秀な成績で卒業をした時などは返済せずにそのまま卒業することが出来ます。勿論誰もが出来るものではありませんが、中にはこういった方法で卒業した方も存在しています。